チャンス供 舛Δ諒圈繊

今回の栃木滞在中に、山歩き散歩沢山しました。
良い季節になっているので早朝のお散歩はとっても気持ちいいのです。
気が付いたらいつも、あっという間二時間が過ぎていきます。

今回は、もえちゃんにお家でパパとお留守番してもらったので、うの・とっぷ・ぷりもの3匹と一緒です♪


ぷりちゃんは、どんどんお転婆に成長していて(苦笑;;
私と二人だとまだ落ち着いていられるけど、おねえちゃんズと一緒だととっても大興奮〜〜!

ひゃーーーーーーーーーー!!
ぴゃーーーーーーーーーーー!!!
びょーーーーーーーーーーーーん!!!
おりゃーーー、どどどどどーーーー!!!!

と、、走り回る走り回る(滝汗;;
もし、これが狩なら、獲物もすべてどっかに行っちゃうぐらい音を立てて走り回っている(苦笑;;

まあいいか、、呼べばすぐに来るし、とっても楽しそうだし少し放っておこう〜


しばらくすると、私の左にうのが静かに寄ってきて、私と歩いていた。
キャーキャー走りには、うのの年齢で考えるとあまりしたくないらしいのです。
だからぷりもがこうなったら、もっぱらとっぷ君と大はしゃぎで走っています♪

私はうのに「もっと走ってきたら?」 というと、

走っている、ぷりもを横目でチラッと見て
「もういい」という。

どうも、独断で走り回っているぷりもが気に入らないらしい。


しばらくすると、うのは私の左手をツンツンとつついてきます。
やっぱりぷりもの動きが気になるらしい。

「私は気にしないよ。うのは気になるの?放って置いたらいいよ」
と言ったのだが、やっぱり気になるらしくしばらくしたらツンツンしてくるのです。

初めからここにいなさいとは言った覚えは無いのだけど、、?と思いながらも
「いいよ、じゃあ、うのが好きなようにしていいよ。」と私がいうと、

音も無くスゥーーーーッと離れて、ぷりもを追いかけ始めました。
数秒後にはぷりもを追い抜き、ぷりもの前に出てぷりもを止める・・・!

ぷりもは「じゃーこっちに行くから良いもんねぇ〜♪」
とばかりに踵を返して反対方向に走るが、やはり数秒後にはうのに追いつかれ、
気が付いたら目の前におねえちゃんがっ・・・!!(汗;;

そんなぷりもはちょっと必死顔になって3度目の正直とばかり、もう一度踵を返して走り出すが、
結局、数秒後には御用となった(爆

3回目にして、うのの目の前で降参のポーズでコロコロと転げまわるぷりも(苦笑;;
そのあとは、回りを気にしながら私たちの近距離を移動できるようになりました。
うの姉ちゃんのしつけは絶妙だった様です♪
それから私は「ぷり〜、一緒に歩くとオリコウなんだよ〜」と話しかけながら歩きました。


あはは、やっぱり姉ちゃんは凄いね。
ぷりもと違ってうのの走り方は静かで無駄が無いよ。
それにあんた、走行ライン全て読まれているしね(爆

うのは自分のドックランでも、いつもの散歩コースでもいつでもぷりもに付き合ってくれていたんだね。
確かに、うのの走りでは家のドックランでぷりもを追いかけてもトップスピードに入ったまま直線では走りきれないし、
いつものお散歩コースでは爆走できなかったものね。


今回のうののアピールは、こういうチャンスを待っていたんだとしか思えないいきなりの行動でした。

今回の栃木行きは、私はぷりもと一緒に学ぶチャンスを作りたくて行ったのですが、
うのは私と違いチャンスを作ったのではなく、チャンスを捕まえたようです。

チャンスは自分で作ることもできるし、その一瞬の判断で掴むことも大切なのですね・・・!


犬たちは素晴らしい群れ意識になってきています。
ぷりもも頑張って成長しています。


そして・・・今回も私は犬たちに、素晴らしい瞬間を見せてもらいました。



0

    ボーダーと暮すと言う事

    最近、色んな経験でボーダーコリーと暮らすというのは
    日本では本当に可愛そうなんだなと感じることが・・・。

    この間、あるボーダーの背中の毛がむしられていました。
    ケージの中で自分でむしったそうな・・・。
    ・・・本当に可愛そうでした。

    そして、うのが小さい時の事を思い出しました。
    今でも興奮し易いけど、本当に興奮する子だった うの。
    だから私がうのと散歩した時間はかなりの時間にのぼります。

    子犬の時は、8時間とか、9時間とか、夏の間は日が昇って日が暮れるまで・・・。
    海に行ったり、川に行ったり、山に行ったり、
    それはそれは、歩き回って、走り回って、遊びまくって・・・。
    子犬の時には形の(競技会向けの)トレーニングなんて殆どしなかったなぁ〜

    でも、いつでも呼んだらすっ飛んできて、
    ドックランの小屋のなかから呼べば、窓から飛んで入ってきてテーブルのコーヒーの上に見事着地したり、
    友人宅の庭であそばせている時に呼ぶと、窓から飛び込んできてリビングへスライデイングで入ってきたり、
    家の中のダイニングテーブルの上にも真っ直ぐ飛んできて、夕飯が目茶目茶になって大変な事になったこともあったっけ?!

    そう、彼女にとっての「おいで」は直球だったのです!

    まあ、その辺りで人間も学習するので(爆
    うのを呼ぶときは、ルートを考えたり(爆

    そんな小さな時の思い出を、頭の中で思い描いていると、
    子犬の時からトレーニングじゃんじゃん積んで、
    お利巧にさせられている犬を見ると、なんだか辛くなる自分がいます。

    この間10年来のボーダー飼いの友人と、この間電話で話した事・・・。
    自分達の犬はおりこうだよね〜と・・・←自画自賛(苦笑;;
    このおりこうは、トレーニングが入っているとか形が出来ているということではなく、限りなく人間の言葉か通じているかもと言う意味。
    ・・・といっても彼女の犬達もかなりの経歴をお持ちになられています。

    友人が「それって、犬が人間で言う雑学を知っているからよね?」といいました。
    そうです、きっと色んな場所に連れて行って 楽しかったり、怖かったり、怒ったり、そんな私たちとの思い出が彼達を成長させる。
    友人はそう言いたかったんだと思います。


    トレーニングなどでは得られない時間。


    きっと、うのも私といる時間が楽しいに違いない。
    そして友人の犬も同じこと・・・。
    そうでなけりゃ、子犬の時分から名前を呼ばれただけでそんなにぶっ飛んでくる事は無いだろう。

    一回呼んだだけなのに、ぶっ飛んできて 「お母さん、なに?」
    と聞いてくる、キラキラした大きなうのの瞳を今でも忘れない。

    犬と暮す事の物事の本質はそこにあると思うのは私だけだろうか?
    勿論楽しいトレーニング。続けるつもりではいるけれど、
    老犬になって、彼らが傍らに寄り添う時、最後のときに残るものなんだろうか?

    私にとっては形を教えるトレーニングなんかではないということは今の現時点でもはっきり言える。

    よく人に、今日の日記を犬に書かせてみると良いよ。
    ということがあります。
    その日に何が楽しかったか?
    それが記憶の積み重ねなんだよね・・・と。

    そして願う事なら私の犬が、老犬になって、ぼけた時、、、

    ご飯をくれとか、おやつくれますか?とか言う風になるのではなく、

    私にピッタリと寄り添って眠る中


    夢の中で若かりし日に私と遊んだあの川を・・・、


    あの草原を駆け回る自分を・・・、


    山頂で一緒に食べたお弁当を・・・、


    私と歩いたあの道を思い出して欲しいのだ。





    0

      うのの目線の先は・・・

      今日もうのっちは獣医さんに行った。
      10日に埼玉で競技会なので、直り具合と、出場しても大丈夫かどうかの見極めをしてもらいに行ったのだ。

      心配された目の怪我は驚異的な早さで治っていた。
      先生も、「あんなにひどかったら2週間はかかると思っていたけど、治るの早いな〜」
      と驚いていらっしゃったぐらいだ。

      だからといって気は緩められないけど、ちょっと一安心だ。


      この間の練習で、写真を撮ってもらっていたものをいただいた。
      私は性能の良いカメラも持っていないし、
      自分がアジリティを練習する所はビデオ以外なかなかないので
      とても嬉しい記念。

      それに、全て目の怪我の事が有ったためにそう思うのか、
      とても綺麗な瞳のうのが写っていた。

      そして何故か全ての写真に写るうのの目線の先は、そう、私、、

      いつまでも輝いていて欲しい瞳。


      素敵なボディライン

      お次はなんですか?





      OKと言われるまで待つのです。




      0

        うのっちの怪我

        2月24日は大凧会場でのアジリティ競技会の日。
        我が家は前夜から出発し、早朝に埼玉に到着した。

        うのが良ければ、とっぷがあまり良くなかった今回の競技会。

        うのはJPはCR(クリーンラン)5席。
        AGはバー落下の為に、目的は果たせなかったのだが、
        得意なタッチ障害のお陰か、またもやタイムはダントツ。
        あ〜遅くても良いからCRが欲しいものであるが、
        本人はいたって得意げだし、内容は悪くなかったのでヨシか?よつばのクローバー

        とっぷとは本当に良くなかったなぁ〜
        お互いのタイミングが計れなかったというか、、、
        まあ、反省点だらけである。

        と、、こんな我が家だったが、折角だから表彰式も出ようかなぁ〜
        などと、テントだけは早々に片付け、その後の競技を観戦したり時間を潰していた。
        そして、午後2時ごろもう一度犬たちと遊ぼうと車から3匹とも出した。

        暫く歩いていると、うのの目がオカシイのに気づく(◎_◎)

        まっかっかぢゃないですかぁ!!


        それからの我が家の行動は素早かったデス。

        MAGICさんに連絡して、杉並動物病院に連絡を入れてもらい、
        応急処置をしてもらう為に診察を受ける事にした我が家は、
        うのの5席のリボンだけは本部に無理を言って受け取り、
        そそくさと会場を後にしました。

        お陰で、会場でお会いしたMAGICファミリーの皆さんとは
        挨拶も出来ないまま・・・。心残りでは有るが、
        どんどん出血が広がってくるうのの目を見れば、
        そんなことを言っている様な心のゆとりはなかった。

        渋滞にも巻き込まれつつも、何とか動物病院で応急処置をしてもらう。
        上瞼の下はレバーの様になっていたので病院の先生にも結構出血しているといわれ気が気ではない私。。
        でも、目的であった止血剤などを打って貰い、点眼薬や飲み薬も貰う事が出来た。
        そしてMAGICさんに連絡を入れてもらっていただけに、病院のスタッフさんにとてもよくしていただけた。皆さん本当にありがとうございました。

        これで飼い主的には少しは安心になった。
        ゆっくり帰れば京都まで7〜8時間は掛かるのだから。
        安心材料は少しでも多い方が良い。

        その後MAGIC邸に立ち寄り、NORIさんやソフィー御一家とお会いするも、
        早々に旦那さんと交代で運転して京都に向う。
        本当は、帰路に清里にたちより宿泊するはずだった我が家は、こんな風では楽しめないし、宿もキャンセル。

        やっぱり明日目医者さんに見て貰った方が良いかなと、
        運転中も考えをめぐらせる。

        気になってパーキングで止まり、もう一度うのの目を見るが、
        やはり出血はまだ止まっていない様で、出血して浮腫を起こしている部分が、杉並の獣医さんで見てもらったときの1.5倍にはなっていた。

        こうなったら、「やはり明日もう一度診てもらおう」と決心し、
        京都の友人やら妹に、日曜日にやっている目医者さんを
        探してもらって、携帯に連絡を入れてもらった。

        ここでも、色んな方にお力を貸してもらい、本当にありがたい気持ちでいっぱいになった。

        ------------------------------------------------------------
        25日
        本当は休診のはずの奥本先生(大阪府箕面市)のところに電話を入れてうのの話をすると、緊急で診てもらえる事になった。

        とても気の良い先生で、実家の母の飼っているシーズーもお世話になったことも有り、この辺りでは一番の目医者さんだ。

        色々検査しながら先生のお話を伺っていると、どこかにぶつけたりしなくても毛細血管が切れる事があるらしい。血圧が関係している事も有るらしく、うのも測って見てもらったが180/120と高めだった。
        こういう場所の出血はよく有ることらしいが、それにしても、結構な出血のおかげで浮腫がひどいみたいだ。

        診察の結果、、目は出血も止まっているらしいので日にち薬となった。
        大きな血豆が出来ているようなものだから、血液を吸収するのにもかなり時間が掛かりそう〜暫くは「ドラキュラのような目のまま」w(゚o゚)w ヒャ〜

        そして、目は良いとしても、今度は血圧が気になる。

        ------------------------------------------------------------
        27日
        2日後に再度診察を受ける予定だったので、今日の夕方もう一度診て貰いに病院へ。
        気になった血圧も 150/90 とほぼ正常(ほんの少し高め)になっていた。
        前回は競技会の興奮と、疲れやストレスがたまっていたのでしょうという事になり、
        降圧剤の服用や、食事療法まではしなくていいという事になったo(^o^)o

        そして、ついでにもえもとっぷも目の検診をてもらった。
        白くなってきたように見えたもえの目も、白内障などではなかったし、
        直ぐに充血するとっぷの目も特に異常は無かった。

        肝心のうののアジの練習は暫くしないこと。。。
        そして3月の競技会の出陳も考えると、そのために来週又再診する事に・・・。

        実は明日は練習日。
        どうやってストレスをためないように過ごさせようか?
        大きな課題である。

        それにしても次に出てきた心配事の血圧が下がっていて良かった。
        アレだけ興奮して出走していたら、血圧上がるのも無理は無いけど、
        やっぱり、もう少し無理をさせないように気をつけないといけない。


        実の所うのは今月だけでも、4回も病院に行った。

        暫くは無かったのになぁ〜それも病気と言うよりは怪我ばかり。


        我が家では一番手の掛かるお嬢様。

        という事は言うまでも無い事実のようである。


        0

          犬の散歩

          今日は、あるスポーツメーカの半期に一度の大バーゲンの日だった。
          犬友達に誘ってもらい、一緒にお買い物に行った。

          凄〜い、凄〜い人の数で、圧倒されてすっかり疲れ切りましたしょんぼり

          でも買いましたよォ〜
          『半年は衣料品はもう買わない!!』と断言できるぐらい買い込みました(爆
          並んでいる商品は殆どが7〜5割引で、それも有名メーカのものばかり・・・
          普段はこんな値段で絶対買えないから、
          後悔しない様にとお買い物袋の中に放り込み楽しい
          怖いのでびっくりキャッシュカードで買いました拍手

          欲しくて仕方が無かったものが、Getできたので超嬉しかったのですが、
          こんな買い物の仕方は、結婚してから初めて?! と言う勢いでした。

          なぁ〜んか、ストレス発散できました嬉しい


          買い物が終わり、公園でお弁当を食べて
          犬たちとドックランへ!

          もえはもうお歳なので、さすがに長い間は走り回りませんが、
          とっぷ と うの はずぅ〜〜と

          タッッタッタッタッタッタタタタタタタ!( ^^)ノノ  
               タッッタッタッタッタッタタタタタタタ!( ^^)ノノ

          タッッタッタッタッタッタタタタタタタ!( ^^)ノノ  
               タッッタッタッタッタッタタタタタタタ!( ^^)ノノ

          と、、、止めないと永遠に遊んでいます。
          とても仲が良くて、木の枝の切れ端を引張りっこしたり、
          体当たりしながら、1時間以上も一瞬たりとも休憩しません。。

          うのは、大分良くなって数日前から
          自由運動を増やしているのですが、今日が本格的に解禁に近かったためか、
          ず〜〜っと、こんな顔楽しいしています。

          走るだけなのにこんなに楽しいって、よく解らない感覚だけど、
          こんなに楽しそうにしているから、深くは考えないようにしよう(=^m^)

          もえちゃん、、とっぷが来て良かったねェ〜
          うのの相手は、こんなに沢山はもう出来ないよね〜
          後半は私と遊ぼうね・・・。と、もえに話しかける私。

          友人にも、うのちゃんて まだ子供みたいだねェ〜と言われました。
          そう言われれば、友人のボーダーはうのよりも若いのに
          うのの様なお子ちゃま遊びはしていません。

          そういえば、そんな年ではないハズで、、
          もうおばさんの域に入ってきています。
          とっぷの わ〜〜い わ〜〜い 遊びが丁度良いなんて、
          マジでお子ちゃまです〜たらーっ

          彼女の体力や動きは、身体能力だけではなく、
          気も若かった?・・・いや、子供だった・・・と言うべき?! なんだわ〜
          と改めて思いました。

          アジの練習が出来ないお陰で、ゆっくりと犬達と時間をすごせます。
          こういう時期が最近無かったなぁ〜と実感。
          この年末は、こうやって犬たちと過ごそう(*^▽^*)

          最後に藪に入って、とっぷは草の実だらけでした悲しい
          絶対に、ショードックの管理としては失格ですね。。
          沢山走らせているので、今ひとつ フリンジも ヒセツの毛も
          擦り切れまくって伸びてきません。

          うのについて走って。。。
          私に呼ばれても、元気よく走って。。。
          滑り台からもすべり。。。藪にも突っ込んで行き。。。
          小川も飛び越え。。。塀をよじ登り。。。
          トンネルをくぐって、ドックウォークを登り。。。

          本当に元気になってきています。
          こんな毎日では毛が伸びるはず無いのです悲しい

          まずは『元気に育つ』と言う第一目標は達成できているようなので、
          我が家はこれで良し!! としますヾ(^_^; オイオイ…


          *…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

          ☆今日、犬たちと遊んでいて 気が付いたこと☆

          ★降り口の解りにくい高い所に待たせて、下から呼ぶと・・・

          もえは、私から一番近いところにやってきて救助を求めます。
          うのは、私に一番近いところに何が何でもやってきます。
          とっぷは、遠回りしてでも、1に戻ってやってきます。

          ★登り口が解り難い、高い所から呼ぶと、

          もえは、一番近い登り口を見つけます。
          うのは、何が何でも最短で来ようとし、楽な登り口は探しません。
          とっぷは、またもや遠回りしてでも、1に戻ってちゃんとした道を登ってきます。

          どの子がどの様に頭を使うか、考えさせられます。
          どうやって育てるかのヒントにもなります。

          もえちゃんは、、私との付き合いが一番長いのでしょうね。
          私が何とかしてくれるはずだと思い込んでいます。

          うのは、、うのらしいっすぅぅ〜┓(´_`)┏ オーノ〜

          とっぷは、、、記憶力がいいです。
          要領が良くなるのはこれからの経験値でしょうか?

          いつも観察していると、色んな発見があります。




          本日の観察日記、終了デス〜〜(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆




          *…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…



          0

            ツボ

            先週のドラハが終わって帰宅すると、
            うのが自分のベットに丸まってビクともしない。

            そんなに疲れたのかなぁ〜
            そんはハズは無いよなぁ〜と思い、名前を呼んで見る。

            思いっきりビッコをひいているじゃあ〜あ〜りませんか?!
            当たり前だよね。
            あんなに勢い良くびっくり Aフレームに突っ込んでいけばたらーっ

            ドラハと言う場所がいけなかったのか、2週連続がいけなかったのか、
            興奮しすぎていたうのっちは、朝から顔が満面の笑顔ニコニコ

            どうにも、こうにも 笑いが止まらないって感じだ。
            こうなったら、凄いんだよねスピードが・・・(汗;;


            走る前から解る、彼女のスピードの感覚・・・


            競技が終わって、久しぶりにうののブリーダーさんにお会いした。
            「あの爆発力はどうしたらいいんでしょうねェ〜」
            と言うと、
            「これを失くすと、この子達のいいところがなくなっちゃうから、
            このままでコントロールしてください」とのお返事が・・・ポッ
            やっぱり、やっぱり、毎度同じこと言われるんだけど、
            やっぱりもう少し時間が掛かりそうだイヒヒ

            調子が良いともっとでてくるスピード。
            先週気持ちよく走ったからもっと走る気でいるよたらーっ

            何でもツボにはまると、上手くいくと思うけど、
            今回は悪い方へのツボにはまったなぁ・・・。

            競馬の馬でも調子のいいときこそ怪我をしやすい。
            多分走るコースによってもだと思うけど、アジリティも然り。。。

            今回のAGのコースは思いっきりスピードがでてから
            コントロールしないといけないコースだったから。
            特に若くてスピードコントロールが出来ていない犬に
            こういうコースはどうなんだろう?
            実際に他にも怪我をした犬が多かったらしいよ。

            それを見ていただけに
            知り合いと、怪我だけは怖いよね。気をつけようね。
            と話してから家路に着いたのに、、、



            うのっち暫く休養です・・・。




            0

              1
              このページの先頭へ

              calendar

              S M T W T F S
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << August 2020 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              recommend

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM