四国での走り

四国では AG1席 JP3席でした。
最近走った中で唯一写真がある走りなので、
記念に載せておこう♪


スタートでの良い緊張感



すみません、私まで写っています



何とか上手になってきたウオーク




ネクストを狙います!




指示を聞きながら


興味のある方は画像をクリックしていただくと
ほんのちょっとだけ大きくなります♪


0

    ふり返り…

     ぷりも、この間のドラハで、2度に上がれる事になりました。

    ちょっと振り返ると、デビュー当時のぷりもは
    スピードをコントロールできずにドックウオーク落下したり
    どこかのオープンでAフレがあった時も、何を考えたらそうなるのか解らないけど
    Aフレが発射台になって着地したのは地面。
    おまけに本犬しっかりと2ON2OFFしたつもりで、地表にぴったり止まった(笑)
    ウィーブも仕上がったのが遅かったから、何回もはじいたし・・・。

    そ〜〜んなぷりもでも、先月ぐらいから様相が変わりました
    ええ、、飼い主が驚くぐらい。
    ぷりもって面白い子ですね。
    やっとアジリテイが何なのか解りかけてきたようです。
    今まで何も解っていなかったんですね。

    遊びの中から教えたルールが自然とそうなってくるまで時間がかかりましたが、
    自分で理解した事を、ぷりもが責任を持ってやってくれるようになってきたということは
    嬉しい限りです

    たまに、ぶっちぎれて(昔のぷりもに戻る)
    びっくりする事になるけど
    それも、ぷりもちゃんなのですね。
    そしてそんなぷりもをおバカだとは思わず付き合っていけるのは、
    やっぱりただの親ばかだと言わざるをえません

    子犬の時に、ロイヤルさん(親元)にぷりもを見せに行って、
    「こんなに大変な犬ですう〜」と言いに行き、
    「ぷりちゃん、元気なだけだからぁ〜」といわれ
    嬉しいやら悲しいやらで帰宅したことも思い出します

    ボールが大好きで、何時間も絶対に離さなかった生後2カ月。
    ひとり遊びが大好きで、呼んでも帰ってこなかった生後3カ月。
    何でもかじって壊すのが得意だった生後5カ月。
    人が遊んでいるボールを奪い取ろうと1時間以上も泣きわめいていた生後6カ月。
    フィールドで走っている犬を見て超興奮し、日本人よりも大きい体の外人先生を引き倒した生後7カ月。
    トラッキングで意外な才能が・・・捜索ゲームが大の得意、生後7カ月。
    ハードルの連続練習を開始したころバーノックで、ハードル全滅だった頃生後9カ月。
    練習中でのドックウオークの落下が直らない1歳半。
    ドックウオークの練習で怪我してすべてを休んだ2ヶ月間
    競技会での失敗

    思い出せばいい思い出です。
    色んな事を一緒に勉強して克服してきたな〜
    そしてまだ克服できていない事が盛りだくさん!! なわけです!!

    そして、休息している暇はない?のです。
    3度までまだまだ道のりがあります。

    これからもぷりもとたくさんの思い出を作っていきたいよ。
    がんばろう

    0

      1
      このページの先頭へ

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM