分解して・・・

トレーニングをやりなおそうと思うときは、
一から復習してみる。

どこが抜け落ちたか、今回は解っているので、やりやすい・・・。

だから、、練習ではいい感じになってきた。


実戦ではどうだろう?


超不安でいっぱいだけど、出来ることしかできないのも実戦だ(爆


当たって砕けろってかんじでいくっきゃない、だってもうすでにシーズン真っただ中!


石橋をたたきすぎて叩き割る性格なので、今回は叩かないで渡れるぐらいになりたいものです。

あとは私の気合です。

後は私の勇気です。

ぷりもとなら出来そうな気もしてきたよ・・・



0

    ハンドラーのせいで・・・

     9月中旬、ひっさしぶりにぷりもを連れて栃木に行ってきました。

    いろいろご意見をいただきましたが、上級クラスへの参加をお願いしたぷりもと私。

    3日間だけだったけど、本当に有意義な3日間でした。

    10か月ぶりに行った栃木は2日目には急に冷え込んで、最高気温14度で雨がザーザー!
    9月とは思えない寒さでしたが、1日目と3日目はアジ日和な日でとってもすごしやすかったです。

    この3日間で感じたことは、ずばり・・・

    「教えるのも自分、崩すのも自分」

    ということだ。

    10か月前のセミナーに参加したときにはに出来ていたことができなくなっていたり、
    出来なかった事が出来るようになっていたり、
    と〜〜っても変化があったぷりもちゃん。
    はい、すべて私のせいでした。

    出来るようになった事があるのは良い事として

    出来なくなった事があった事は、不本意で悔しく思った3日間でした
    しかし、なぜ崩れたのか、3日間のセミナーで見つけられたのも大きな収穫だったのです

    何度も何度も走っていると、間違いやすいパターンが見えてきます

    なぜ崩れたのかも見えてきます

    ぷりもに教えたルールを変えたのは私だったので、ぷりもは混乱しているだけだね。
    本当にごめんよ。
    こんな母ちゃんで・・・。
    なんで、こんなに何回も間違えちゃうんだろうねェ〜
    自分でもやりきれない気分でいっぱい・・・。

    でも、、この3日では直し切れなかったけど、
    帰ってから心して直していこうと心に決める事が出来ました。
    そういう意味では、やっぱり上級クラスをお願いしてよかったなと感じる自分です。

    10月の競技会に間に合うかな?

    やるっきゃないね ぷりも 一緒にがんばろうね

    0

      誕生日の過ごし方

      2月7日は前日から降り続いた雪のおかげで真っ白銀世界。

      ドックランは20センチも積っていたので、犬たちは大喜びです♪




      やっぱり一番にとっぷが走り出します





      もえちゃんも元気






      とっぷもびしょびしょ♪





      ぷりももいつも笑っています



       厳密にはぷりも誕生日は前日だったのだけれど、

      前の日はお仕事だったのでお誕生日のケーキは今日です。

      今年もわんこ友達さんが作ってくれました〜〜

      超おいしそうなケーキですよ。PRIMO のもじもじクッキーもお手製だったの。

      ぷりも、2歳になったので、ケーキのろうそくを2本立ててみました。

      Vサイン?に見えませんか〜〜〜♪



      ぷりもの真剣なお目目がかわいいです(親ばか)


      たまたまだったけど、雪遊びもたくさんできた誕生日でした。

      0

        ぷりトレ(タッチ障害2)

         以前確かタッチの上りのことで記事を書いたと思うので、
        今回は降り口の話。

        我が家のぷりもにはランニングコンタクトで教え始めたのに
        ある日2ON2OFFを教えた途端、勝手に「これってこうするんだよね?」
        って、笑顔いっぱいの顔で自信満々で2ON2OFFをやってこなすぷりも。
        まあ、あまりにも可愛笑顔だったし、間違ってはいないので今までその理解のままにしてある。
        (いいのか悪いのか??)

        そんな状態のぷりものタッチの降り口。

        「勝手に止まるようになったんです。」

        と、昨年末のセミナーで先生にお話しすると、誰だかが忘れたけど、
        「あらまあ、そんなにたくさん練習しちゃったのね」
        というコメントが飛んできた。

        ぷりものことをかばうような話になるが、(というか、ぷりものためにもぜひ反論しておきたい)
        1か月に3回程度、4匹の犬を連れて2時間の予約。
        ぷりもの練習時間は30分。
        その中でタッチの練習って10分程度だよ?

        これって練習多いかなあ?

        たぶん、アジラーで一生懸命練習している人よりも、かなり少ないほうだと思う。


        話は脱線しましたが、勝手に止まるようになったので、
        タッチの降り口を踏み外すことはめったにないぷりもです。

        もちろんランニングコンタクトのほうがタイムは出せるけど、
        毎回毎回、笑顔で「こうだよね?」っていうぷりもに満足な私です。

        タイムが出せなくっても、私たちの達成感を優先してしまうことは、
        ある意味成績にはつながらないこともあるかもしれないけど、
        それ以上に有意義な時間を過ごすことができていると感じています。

        きっとぷりもの笑顔を見れば誰もがわかってくれると思います。

        毎回「できたよ」って自信満々なんです。



        0

          ぷりトレ(アジキャンプ)

           年末にアジリティキャンプに行ってきました。

          今回もやっぱり栃木です。

          急に冷え込んだ日本列島、栃木でもそれは同じこと・・・
          到着するや否や、零下の世界。
          最低気温零下4度、最高気温0.4度という日もあって
          スキー場でのアジリティレッスンなのか?と思う毎日でしたが、
          人間とは違ってワンコたちは元気一杯で、たいそう楽しめたようです♪

          1歳10ヶ月のぷりもでしたが、今回日程の関係も有って上級クラスへの参加をお願いしました。
          お兄さんボーダーやお姉さんボーダーさんに混じっての参加です。
          どうなることやらとドキドキしていましたが、結構ついて行けたぷりもです。

          しかも、この月齢ではもうこれ以上ないというぐらいの出来だったので
          飼い主的にはちょっぴり嬉しい数日間でもありました♪

          ただ、1歳10ヶ月なので、コース&シーケンス練習の少ないぷりもちゃん。
          やったことがないことはできない。とおっしゃいました(爆
          まあ、こんなわかりやす〜〜い正確の女の子なので、
          これからの課題もハッキリ解り、大変有意義な時間でもありました!!


          超簡単なコースの練習を始めたのが、昨年の9月から。
          ウィーブポールの練習も9月から開始。
          それまではひたすら基礎練習の毎日でした。

          それが良かったのか? 教えたことが一気に繋がった気がした数日間でした。

          栃木でよく指導してくださった先生がいつもおっしゃっていたこと

          「ある行動を伝えるための必要条件をクリアに教えることが出来たことは、何時でもどこでも同じことを繰り返すことができる。状況が変わることでトレーニングが崩れるということは、正しく伝えていないということ。」

          という言葉が思い出されます。
          いつもと同じことができてよかったと思う4日間でもありました。


          教えたことの一つ一つがクリアであれば、つなげるのは飼い主ではなく、
          それを理解した犬なのですね。
          だから一気にそれらをつなげたぷりもの成長振りは凄いものが有ったと思います。

          これからどうなるのかぷりもちゃん。
          とっても楽しみになってきましたよ。




          0

            ぷりトレ(ハンドリング1〜止めたいのに止めれない)


            ぷりもとのハンドリング練習

             最近のコース練習で、スピードアップを計画しました。
            目論見どおりスピードはアップしたものの、私とのハンドリングのタイミングにズレが・・・!!

            ということで、必死に・・・ハンドリングに修正かけました。

            ぷりもの現状は
            送り出しの練習も中途半端、
            デイレクションコマンドも実践では使用不可能な中途半端さ・・・
            エアープレーンも教えていない。

            まあ上げればキリが無いのですが、
            送り出しも中途半端なのに送り出したり、
            デイレクションコマンドも実践では使えないレベルなのに使ってみたり
            フロントスイッチしかできないのに、ついエアプレーンなんかしてみたり、、

            いえ、解っているんです。私のせいなんです。

            4匹の個性に合わせてそれぞれ色んなこと教えたので。。
            色んな子の癖が出ちゃうんですよね。

            自分がハンドリングしやすいタイプの犬や犬種を選ぶ人とか、いるらしいですけど、
            わたくしひねくれ者なので、、、
            わざと色んなタイプの子を選んだから、仕方が無いといっちゃあ何ですが、、(汗;;
            自分の首絞めているのは自分自身だったりしています。

            プレーヤーでやるなら、同じタイプの犬ばかりのほうがやりやすいですもんねェ(しみじみ)

            最近まではとっぷとの練習が一緒だったのでついついミディアムのハンドリング。
            おまけに、とっぷくりん、超タイトな奴なので。。。



            体が覚えたことってなかなか頭で考えても出来ないもんです。

            フロントしようとコース検分で下見したのに、実際に走るとなぜかエアプレーンなわたし。。。

            フロントしようとしたタイミングでエアプレーンかけるから、間に合うはず無いんですけど、、
            体が反応してしまいます。


            くせってなかなか直らないです(滝汗;;
            ただたんに、私の運動神経が鈍いだけですが(涙;;

            と、愚痴ばかりな日記になってしまったけど、

            もしかしたら、ぷりもとのコース練習の永遠の課題になりそうな予感です、

            はい。。。。



                  





            0

              ぷりトレ(自主練)

               本日、短いなりにも自主練習の日。

              たった一時間しか練習する時間がなかったのにもかかわらず得るものが多かった日でしたね

              こういう日があったということは、犬がぐんと成長した証のような気がします



              ぷりも、出来ないことは出来ない。でも大分安定して来た部分もある。

              そんなぷりもとの練習・・・ママは、と〜〜〜っても楽しくなってきたよ

              ぷりもはどう? 楽しくなってきたかなぁ

              何事にも一生懸命なぷりもだからもちろんアジは好きだったけど・・・

              今日の練習でアジが好きということよりも、大事なことを見つけてくれた気がしますが、どうだろう?


              絶対に、気のせいじゃないような気がするんだよね


              また次の練習の時にもビビッと来たら、、確実だね









              0

                ぷりトレ(センスを磨く)

                 私にセンスがないので、、

                ぷりものセンスを磨くのは容易ではない(苦笑・・・と思う。


                人が生まれもってもっているセンスもあるし、磨きがかかってセンスが良くなる場合もあるだろう。

                それは犬にもまったく同じことが言えると思う。

                そういった意味で、ぷりもにも多少なりともセンスはあるようだ。

                いかんせん、飼い主にセンスがない(涙



                ある著名な方に、常に自分よりもレベルの上の人たちと練習しなさい。といわれたことがあります。

                はい確かに・・・いえます。

                良い物に触れていると、やっぱり良いものに近くなる・・・と思うんです。



                ただ、良いものを探す目・・・というものが必要なんだよな〜と、、最近思うんです。

                良いものを探し当てられないと、良い物に触れることができない・・・

                良いものと思っていたものは本当に自分にとって良いものなのか?

                考え出したら、それも・・・まったくもって難しい問題だと思いませんか?



                良いものを探せるだけのセンスを磨くために、本物に触れること。

                できるだけ沢山の本物に触れられる様に、勉強あるのみです。



                ぷりもは、私が引き出したものではないかもしれないけど、色んなことが出来る子に育ってきました。

                そして、1歳半を過ぎた今、、分岐点にやってきた感じがしています。



                今から、更に磨きがかかるように、、


                すべてが、私の腕次第です。


                頑張ろうねぷりも




                          



                0

                  ぷりトレ(ウィーブポール)

                   いつから競技会に出ようかなんて、何にも考えていない私だったので
                  8月からず〜〜っとだらだらしながら練習を続けたウィーブポール。



                  (よく言えば様子を見ながらともいう

                  まったくもって、ぷりもには迷惑な話だろう(爆

                  さっさとやってしまった方が本犬解りやすいわけだ!



                  っと、いうことで 重ーーーい腰を持ち上げて、やっとウィーブポールまじめに教えてみましたっっ

                  う〜〜ん。

                  ずいぶん良くなったかな? と思います。

                  でもやっぱり、だらだら教えたので、フォームにばらつきがあります。
                  後悔しても遅いけど、もっと短期間で教えればよかったわ・・・


                  まあ、私が教えるので、こんなもんでしょうかぁ〜(苦笑;;


                  でも、もう一声でシングルハンドです。


                  頑張れぷりも












                  0

                    1
                    このページの先頭へ

                    calendar

                    S M T W T F S
                          1
                    2345678
                    9101112131415
                    16171819202122
                    23242526272829
                    3031     
                    << August 2020 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    recommend

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM