集中しない犬と集中できない犬の違い

 集中しない犬と集中できない犬って同じようで同じではない。

集中しているふりをしてサボっている犬。
こういう犬は集中しない犬だ。
こういうタイプの犬がハードルをノックするときは能力が高すぎてハードルを飛ぶときにハードルを飛ぶことに集中していないという事だ。

ボーダーなどは作業能力が高くてそういう子がよくいるけど、
実は我が家のうのもぷりももそういうところが子犬の時からあったけど、今は有難い事に殆どない。
ただ、、私のハンドリングミスでノックすることはありますが・・・(爆

そうなる理由にはいろいろあると思う。
*アジリテイを解っていない。
*ハードルは落としてもいいと感じている。
*実は好きなことをやり始める。(この時しか好きなことができない)
*飼い主さんの指示を聞く気がない。
*間違ったコミュニケーション
*アジリテイが楽しくない。

自主練習するときのそういった犬の言っていることが分からない場合、悪化するしかない。
そういう犬はグランドでハードルノックを直す練習をすると思っているひともいるだろうがそうでもないのだ。
今挙げた理由の中でアジの練習ができる要素は「アジリテイを解っていない。落としてもいいと思っている」という部分だけだからだ。

残りは犬と過ごす中での事ばかり。
関係づくりの要素が大きいと言えるだろう。

昔うちのうのりんは、ハードルは落としてもいいと思っていたらしい。
だからと、やり始めた練習をあることで阻止されて失敗してしまった経験がある。

と話を進めてくると、こういう話はアジリテイの話だけではないのが良くわかってくるだろう。

よく栃木に行っていたころ アジリテイをしたことが無いトレーナーさんに、ハンドリングチェックをしてもらったことが多いけど、これはまさに皆に不思議がられた。
出来ない事を出来るようにするには練習だけではないと彼女が解っていたから、チェックをお願いしたまでの事。
だって私の弱点は私が気が弱い事だったから。。

前回の日記でもいったように犬が言っていることが分かれば、必然と必要な事が見えてくる。
アジリテイをしたことがあるとかないとかは関係ない事だ。
犬を上手に育てるという事は訓練要素だけではないから。
その犬とどういう関係が作れたかという事が成長の証なのだと思うから。

そういう地味な練習に何年も付き合ってくれたトレーナーさんのおかげか、
それぐらいの判断は付くようになれた気がします。

いつも話は脱線気味ですが、集中できない犬と集中しない犬の違いでした。

0

    厳しい一言


     本音で厳しいことを言ってもらうことってなかなかできない。


    本音で厳しいこと言ってくれた先生はついこの間母国に帰ってしまった。

    トレーニングのことよりも何よりも大切なことを教えてくれた彼女。

    厳しい、、重い、、本当に意味のある言葉を、、、沢山沢山私に残してくれた・・・。

    でも解ってくれているから言ってくれることでもあった。

    私のことを思うから、、、伝えたいことを最後の一瞬まで言葉を濁さずに伝えてくれた・・・。

    それが解って入れ歯こその付き合いなので何を言われても、いつも辛いなどと思ったことはない。


    そんな彼女と会えなくなってから、キットなかなかそういう人にはめぐり合えないと思っていたら、、


    世の中、うまくできてるもんですね。


    超ズバリな一言言ってくれる人がいましたヨ!!

    キット今までも伝えてくれていたんだろうケド、、、私が気が付かなかっただけかな?

    こうやって本音で付き合える友人が増えていくことが、私の財産のように感じる今日この頃です。






    0

      1
      このページの先頭へ

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM