白紙から・・・

さてさて、子犬が来ましたので、、何色に染めようかな?

・・・・まさか!! こんな事は考えませんでしたよ。
ただただひたすらに可愛くって、毎日毎日見るだけでうっとり・・・。
そんなパピー時期が平穏に過ぎていきます。

でも今思い出してみると、どんな色に染めるかなんて、大体は決まってい多用な気がします。
いつも笑っている子犬。元気な子犬。健康な子犬。
こ〜〜んな感じだったでしょうか?

この間、横須賀の競技会で久しぶりにテントでご一緒になった、
10年来のアジリティ友達に尋ねられたことが有ります。

「だいたい、RRさんはどっちよりなの?」

え?どっちよりって言葉あるの?なにそれっ?て思った私ですが、
このどっちより?と言うのはアジリティ競技中でしたのでハンドリングやトレーニングの基礎の事だった様です。

では何を基本にしているのか?
答えは「どちらより」でもないということです(爆

私のアジリティのイメージは、10年以上も前に見た海外のアジリティのビデオに出てくる犬達の嬉々とした走りであり、
全く持ってコミュニケーションの取れたペアーたちの走る姿なのです。

もちろん、色んなセミナーを受け、いろんな事をお勉強をし続けたことは事実だし、とても役に立ってきたと思いますが、

あの表情、あの動きが忘れられなくてアジリティをしているのです。

何が基礎かというと、あのイメージを追い続けているとしか言えないのよね

と友人に答えました。

勿論10年前のビデオはハンドリングの技術的には今よりは劣るのでしょうけど、何と言っても感動と言う感情は今でも忘れられないのです。

良いものは何年経っても人々の感動をよびます。

これって、技術を超えた何かが有るからなんだろう。そうに違いない、と思っています。
そして、アジリティにだけ言えることではないと思います。
生活の中で起きること全ての中で、何が感動できるのか・・・。


こうやって追い求めている色のイメージは何となくハッキリしてきました。



0

    コメントする








       
    このページの先頭へ

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM