集中しない犬と集中できない犬の違い

 集中しない犬と集中できない犬って同じようで同じではない。

集中しているふりをしてサボっている犬。
こういう犬は集中しない犬だ。
こういうタイプの犬がハードルをノックするときは能力が高すぎてハードルを飛ぶときにハードルを飛ぶことに集中していないという事だ。

ボーダーなどは作業能力が高くてそういう子がよくいるけど、
実は我が家のうのもぷりももそういうところが子犬の時からあったけど、今は有難い事に殆どない。
ただ、、私のハンドリングミスでノックすることはありますが・・・(爆

そうなる理由にはいろいろあると思う。
*アジリテイを解っていない。
*ハードルは落としてもいいと感じている。
*実は好きなことをやり始める。(この時しか好きなことができない)
*飼い主さんの指示を聞く気がない。
*間違ったコミュニケーション
*アジリテイが楽しくない。

自主練習するときのそういった犬の言っていることが分からない場合、悪化するしかない。
そういう犬はグランドでハードルノックを直す練習をすると思っているひともいるだろうがそうでもないのだ。
今挙げた理由の中でアジの練習ができる要素は「アジリテイを解っていない。落としてもいいと思っている」という部分だけだからだ。

残りは犬と過ごす中での事ばかり。
関係づくりの要素が大きいと言えるだろう。

昔うちのうのりんは、ハードルは落としてもいいと思っていたらしい。
だからと、やり始めた練習をあることで阻止されて失敗してしまった経験がある。

と話を進めてくると、こういう話はアジリテイの話だけではないのが良くわかってくるだろう。

よく栃木に行っていたころ アジリテイをしたことが無いトレーナーさんに、ハンドリングチェックをしてもらったことが多いけど、これはまさに皆に不思議がられた。
出来ない事を出来るようにするには練習だけではないと彼女が解っていたから、チェックをお願いしたまでの事。
だって私の弱点は私が気が弱い事だったから。。

前回の日記でもいったように犬が言っていることが分かれば、必然と必要な事が見えてくる。
アジリテイをしたことがあるとかないとかは関係ない事だ。
犬を上手に育てるという事は訓練要素だけではないから。
その犬とどういう関係が作れたかという事が成長の証なのだと思うから。

そういう地味な練習に何年も付き合ってくれたトレーナーさんのおかげか、
それぐらいの判断は付くようになれた気がします。

いつも話は脱線気味ですが、集中できない犬と集中しない犬の違いでした。

0

    久しぶりに・・・

     ブログの更新でもしようかなという気になった。
    まあ、5月になって身辺がガラッと変わり、生活にも余裕がなくなっていたからだけど
    少し落ち着いてやっとそういう余裕もできてきたのかもしれない。

    新しいことと言えば、自分が専門学校の学生になったことだ。
    4年間色々学ぶうちに自分が何か一つでも変われるといいなと思って入学を決心したんだけど、
    それ以前にそういう気分になったというだけでずいぶん変わったのだなと思うようになった。

    そして、ハードルとトンネルとウィーブポールだけしかなかったグランドにアジリテイのタッチ障害がやってきた!
    長年の夢だったのに、障害を導入するまでに7年もかかってしまったには訳があるけど、語ると長いので今日は割愛したいと思う(爆)
    いつか、また語れる日が来たら書き綴ってみたいけど、物理的な理由よりは精神的な理由が大きかったように思う。

    でも・・・!
    さっさと買えばよかったのにと思うぐらい、気持ちに余裕ができた。
    と言っても生活とはほとんど変わらず、5月から9月まではドックランの草刈りばかりなんだけど(苦笑;;

    とまあ、そんなこんなで少しは人にお披露目できる状態になったので早速今日、友人に遊びに来てもらった。
    電話では時々お話しするけど、2年ぶりに会った友人とポップちゃん(とてもかわいいボーダーコリーの女の子)
    話によるとポップちゃんかなり興奮するらしい。

    ぷりももかなり興奮するけど、いろんなタイプの子がいるので大変さは色々だと思う。
    アジリテイの問題点と、何が足りないのか? ということを説明しながらいろんなお話ができ、久しぶりに楽しい時間を持てた。

    私からのアドバイスが生きてくるのは、彼女自身がどう受け止めるかによるけど
    私が思っているアジリテイに限らずやはり犬とのコミュニケーションを大事にして欲しいってこと。
    もちろん、先に競技に出ることや勝つことを目標に置くことがイケないと言っているのではなく、
    それに向かっての完成形を急ぎ過ぎると、大きな落とし穴があった時に取り返しがつかないと思うからだ。

    もうちょっと詳しく言うと形やハウツーにこだわると、楽しくないアジリテイになるのは目に見えている。

    自分と犬との間に必要なものは何か?
    自分と犬は何が楽しみなのか?

    という事が見つけられたり、犬がこちらに伝えてきていることを瞬時に理解して上げられることができれば本来の自分の目的を見失うことはない訳だ。
    もちろんどの練習をどの程度したらいいかなどはいとも簡単に明らかに見えてくるだろう。
    そして世間一般で言うハウツーや形にこだわるばかりでは、その子のよささえも消してしまう事があるかもしれないので気をつけたいところだ。
    そう、結局最後はハウツーはパートナーである自分が見つけてあげるものだから。

    そしてセミナーや競技会に出ると、それなりに他人の評価を受けるわけだけど、これが曲者だよね(笑い
    人間ネガティブになっているときは他人の評価が気になるから・・・。

    実際私も、2匹目のうのをパートナーとしている時は、本当に自分でも情けないぐらいマイナス思考だったので、いつもおどおどしている自分がいて、何をやっても楽しくない時があった。
    アドバイスを受けると、いつもの自分ではなくなる。
    いつもの自分に自らできないレッテルを張ってしまうのだ。

    でも私の場合、3匹目のとっぷと築いたアジリテイ。
    そして4匹目のぷりもをペアーとしてきた今現在、ずいぶんポジテイブな考えができるようになってきて、物事の本質を見失わない自分でいられるようになってきました。

    個性を生かしたい。
    どんな形でもいい。

    それの答えはある人から見たら正しくはないかもしれないけど決して間違った答えではなかったという事に自信がついたから。
    そう思い始めたこの5年間はそういう考えの人たちとたくさんの交流が持てた気がするのは気のせいではないようだ。

    自分が変われば集まってくる人も変わる。(こうアドバイスしてくれたのはとっぷくんの主治医)
    (もちろんもっと長く付き合ってくださる貴重な方もたくさんいるわけですが)

    私にとって本当に色んなことが変わったこの5年間。


    いつか彼女にも気が付いてほしいと思う一日なのでした。


    0

      ぬか漬け

       ぬか漬けが無いと、ご飯を食べた気がしないので、必ずと言っていいほどぬか漬けを食卓に出す我が家。

      そのために、家でぬか漬けを作っています。


      昨年、無農薬のお米を分けていただける知り合いの農家さんを2軒ほど探し当て、

      そこから糠ももらうようになったのですが、

      その糠でお漬物を作ったらびっくりするほど、ぬか床がふわふわなんですね♪

      だから乳酸菌も上手に発酵している感じが・・・!

      自然な甘みも相まって、超おいしいぬか漬けが出来上がり、

      自分の家で漬けた漬物以外食べれなくなった我が家です。


      新鮮なぬかのおかげでパワーをもらっています。

      何でも新しい方が美味しいと言う事なんですね。

      糠だからと侮っていましたが、食の大切さを改めて感じた私です。





      0

        誕生日の過ごし方

        2月7日は前日から降り続いた雪のおかげで真っ白銀世界。

        ドックランは20センチも積っていたので、犬たちは大喜びです♪




        やっぱり一番にとっぷが走り出します





        もえちゃんも元気






        とっぷもびしょびしょ♪





        ぷりももいつも笑っています



         厳密にはぷりも誕生日は前日だったのだけれど、

        前の日はお仕事だったのでお誕生日のケーキは今日です。

        今年もわんこ友達さんが作ってくれました〜〜

        超おいしそうなケーキですよ。PRIMO のもじもじクッキーもお手製だったの。

        ぷりも、2歳になったので、ケーキのろうそくを2本立ててみました。

        Vサイン?に見えませんか〜〜〜♪



        ぷりもの真剣なお目目がかわいいです(親ばか)


        たまたまだったけど、雪遊びもたくさんできた誕生日でした。

        0

          素敵

           昨日こんな素敵なものをいただきました。

          「3年間頑張ったらこんなに感動するとは思わなかった」という言葉も聞かせてもらいました。


          3年間頑張ったみんなの笑顔は素晴らしかった。

          人生で感動することがあるって素敵です。。

          私も感動させてもらいました。


          ありがとうございます。







          0

            ぷりトレ(タッチ障害2)

             以前確かタッチの上りのことで記事を書いたと思うので、
            今回は降り口の話。

            我が家のぷりもにはランニングコンタクトで教え始めたのに
            ある日2ON2OFFを教えた途端、勝手に「これってこうするんだよね?」
            って、笑顔いっぱいの顔で自信満々で2ON2OFFをやってこなすぷりも。
            まあ、あまりにも可愛笑顔だったし、間違ってはいないので今までその理解のままにしてある。
            (いいのか悪いのか??)

            そんな状態のぷりものタッチの降り口。

            「勝手に止まるようになったんです。」

            と、昨年末のセミナーで先生にお話しすると、誰だかが忘れたけど、
            「あらまあ、そんなにたくさん練習しちゃったのね」
            というコメントが飛んできた。

            ぷりものことをかばうような話になるが、(というか、ぷりものためにもぜひ反論しておきたい)
            1か月に3回程度、4匹の犬を連れて2時間の予約。
            ぷりもの練習時間は30分。
            その中でタッチの練習って10分程度だよ?

            これって練習多いかなあ?

            たぶん、アジラーで一生懸命練習している人よりも、かなり少ないほうだと思う。


            話は脱線しましたが、勝手に止まるようになったので、
            タッチの降り口を踏み外すことはめったにないぷりもです。

            もちろんランニングコンタクトのほうがタイムは出せるけど、
            毎回毎回、笑顔で「こうだよね?」っていうぷりもに満足な私です。

            タイムが出せなくっても、私たちの達成感を優先してしまうことは、
            ある意味成績にはつながらないこともあるかもしれないけど、
            それ以上に有意義な時間を過ごすことができていると感じています。

            きっとぷりもの笑顔を見れば誰もがわかってくれると思います。

            毎回「できたよ」って自信満々なんです。



            0

              Windows7

               初代XPを7年以上も使ってきた我が家。

              7年も前のパソコンなんて、化石のようなものでしかないのだが、
              ゆっくり遅い動きでも、一応問題なく使えていた立派なパソコン君でした。
              だから買い替えてなんて考えていなかったし、7年も使っているとどうしても愛着が・・・!
              この理由でなかなか買換えにならない電化製品が家ではたくさんあったなぁ(苦笑;;

              まあ、いろんな理由があったけどとうとう「7」が出た時に決意
              年明け早々に買い換えました。

              DELLにするか、SOTECにするかちょっとの間考えたけど、結局SONYになった。

              XPもSONY、ビデオカメラも3代続けてSONYな我が家。
              パソコンショップのお兄さんに言わせると、私たちが思うよりも十分SONYユーザーらしい(笑

              使い初めは昨日から・・・
              とってもサクサク動いて快適です。

              これで、わんこ達の画像もビデオもサクサク処理できます。

              仕事もサクサクできるかな?

              がんばろう〜〜








              0

                ぷりトレ(アジキャンプ)

                 年末にアジリティキャンプに行ってきました。

                今回もやっぱり栃木です。

                急に冷え込んだ日本列島、栃木でもそれは同じこと・・・
                到着するや否や、零下の世界。
                最低気温零下4度、最高気温0.4度という日もあって
                スキー場でのアジリティレッスンなのか?と思う毎日でしたが、
                人間とは違ってワンコたちは元気一杯で、たいそう楽しめたようです♪

                1歳10ヶ月のぷりもでしたが、今回日程の関係も有って上級クラスへの参加をお願いしました。
                お兄さんボーダーやお姉さんボーダーさんに混じっての参加です。
                どうなることやらとドキドキしていましたが、結構ついて行けたぷりもです。

                しかも、この月齢ではもうこれ以上ないというぐらいの出来だったので
                飼い主的にはちょっぴり嬉しい数日間でもありました♪

                ただ、1歳10ヶ月なので、コース&シーケンス練習の少ないぷりもちゃん。
                やったことがないことはできない。とおっしゃいました(爆
                まあ、こんなわかりやす〜〜い正確の女の子なので、
                これからの課題もハッキリ解り、大変有意義な時間でもありました!!


                超簡単なコースの練習を始めたのが、昨年の9月から。
                ウィーブポールの練習も9月から開始。
                それまではひたすら基礎練習の毎日でした。

                それが良かったのか? 教えたことが一気に繋がった気がした数日間でした。

                栃木でよく指導してくださった先生がいつもおっしゃっていたこと

                「ある行動を伝えるための必要条件をクリアに教えることが出来たことは、何時でもどこでも同じことを繰り返すことができる。状況が変わることでトレーニングが崩れるということは、正しく伝えていないということ。」

                という言葉が思い出されます。
                いつもと同じことができてよかったと思う4日間でもありました。


                教えたことの一つ一つがクリアであれば、つなげるのは飼い主ではなく、
                それを理解した犬なのですね。
                だから一気にそれらをつなげたぷりもの成長振りは凄いものが有ったと思います。

                これからどうなるのかぷりもちゃん。
                とっても楽しみになってきましたよ。




                0

                  年が明けてから・・・

                   年が明けてからもうすでに20日も経ったのですね・・・


                  年末年始、書きたいことがあまりにも多くて余計に掛けなかったブログ。

                  頭の中で整理しながら書こうと思います。


                  きっと、きっとごく親しいか確か見てくださっていないはずのブログだとは思いますが今年もよろしくお願いいたします。






                  0

                    ぷりトレ(ハンドリング1〜止めたいのに止めれない)


                    ぷりもとのハンドリング練習

                     最近のコース練習で、スピードアップを計画しました。
                    目論見どおりスピードはアップしたものの、私とのハンドリングのタイミングにズレが・・・!!

                    ということで、必死に・・・ハンドリングに修正かけました。

                    ぷりもの現状は
                    送り出しの練習も中途半端、
                    デイレクションコマンドも実践では使用不可能な中途半端さ・・・
                    エアープレーンも教えていない。

                    まあ上げればキリが無いのですが、
                    送り出しも中途半端なのに送り出したり、
                    デイレクションコマンドも実践では使えないレベルなのに使ってみたり
                    フロントスイッチしかできないのに、ついエアプレーンなんかしてみたり、、

                    いえ、解っているんです。私のせいなんです。

                    4匹の個性に合わせてそれぞれ色んなこと教えたので。。
                    色んな子の癖が出ちゃうんですよね。

                    自分がハンドリングしやすいタイプの犬や犬種を選ぶ人とか、いるらしいですけど、
                    わたくしひねくれ者なので、、、
                    わざと色んなタイプの子を選んだから、仕方が無いといっちゃあ何ですが、、(汗;;
                    自分の首絞めているのは自分自身だったりしています。

                    プレーヤーでやるなら、同じタイプの犬ばかりのほうがやりやすいですもんねェ(しみじみ)

                    最近まではとっぷとの練習が一緒だったのでついついミディアムのハンドリング。
                    おまけに、とっぷくりん、超タイトな奴なので。。。



                    体が覚えたことってなかなか頭で考えても出来ないもんです。

                    フロントしようとコース検分で下見したのに、実際に走るとなぜかエアプレーンなわたし。。。

                    フロントしようとしたタイミングでエアプレーンかけるから、間に合うはず無いんですけど、、
                    体が反応してしまいます。


                    くせってなかなか直らないです(滝汗;;
                    ただたんに、私の運動神経が鈍いだけですが(涙;;

                    と、愚痴ばかりな日記になってしまったけど、

                    もしかしたら、ぷりもとのコース練習の永遠の課題になりそうな予感です、

                    はい。。。。



                          





                    0

                      このページの先頭へ

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << March 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM