白紙から・・・

これからのステップアップの為になると思って
とっぷの成長とともに、今までの有った色んな出来事を色々思い出し見ようと思う。
そんな中でとっぷを我が家に迎え入れるまでのブリーダさんとのやり取りのメール読み返してみた。

すると驚く事に、なんと、とっぷを迎え入れると決めた2004年の8月から、2006年の3月までは毎月平均5通以上のメールを送り、返事もしっかりいただいていた。
多い月は7通以上も送り、そのたびに返事が・・・。
その後は2006年3月以降はメールが減っているが、今は用事があれば殆ど電話になっているからで・・・(苦笑;;

読み返してみると、た〜〜くさん質問して、色んな近況報告をして、
本当に長い長いお返事のメールをいただいている。

これだけたくさんの質問をしたり疑問を投げかけるのは私だけ?だろうし、
それにしっかり答えてきてくれた忍耐と気力に脱帽した。

何故こんなに古いメールを読み返してみたかと思うと、とっぷを貰い受けるときに言われた一言が、本当にズシンと心に響き、今の今までも私へのプレッシャーにもなり、励みにもなっているので、一体何時言われたのだろうと、思いだすために読み返したのだ。

「子犬は白紙の状態でお渡ししますから、その後は飼い主さん次第です」

このプレッシャーの源の言葉は、その膨大なメールのやり取りの中では見当たらなかった。

これだけ探してなかったのだから
多分、ブリーダーさんの日記の中か、電話の話の中で直接言われた言葉だったろうと思う。

白紙で受け取ったとっぷ・・・。

今は何色なんだろう・・・。

0

    今年は良く抜ける

    今年は、はじめてとっぷの毛がよく抜ける。

    今まで、洗っても洗ってもアンダーが抜ける風でもなく、
    では、増えるのかというとそうでも無く・・・?
    それでも、少しずつ増え続け一年中変わらない感じだったとっぷ君

    それなのに、今年はスッカラカンです(爆

    暑いからやっと新陳代謝が良くなって抜けたのか?
    年齢から来るものなのか?

    よーくわからないけど、秋はどうなっているんだろう。

    なんだか、楽しみのような、不安なような〜(汗;;


    0

      とっぷの3歳の・・・とき

      3歳になったなんて思えないぐらい
      甘えん坊で、やんちゃな君だけど、
      とっぷくりん、、お誕生日おめでとう!

      でもきっと、君は誕生日の事は知らないね。


      そして3歳になる一日前の日(15日)
      君は、一生懸命私の仕事を手伝ってくれたね。

      きっと、君はママの仕事を手伝っている事も知らないね。


      でも、明日3歳になるちょっと頼もしくなった君を目の前にして、
      ママは感動していたんだよ。
      本当にけなげに頑張る君は、とっても素直な良い子に育ったね。

      お仕事の最後に、よく頑張った君を ぎう って抱きしめちゃったけど、
      この私の気持ちは解ってくれていたよね?


      誕生日の事なんて知らなくてもいい。

      お仕事を手伝ってくれているってことも知らなくてもいい。

      ママが「ありがとう」って抱きしめた事だけが解ってくれればそれで良いの。

      そして、健康で元気でいてくれれば他には何もいらないよ・・・。


      3歳になって、ちょっと頼もしくなったとっぷ・・・

      これからも、ヨロシクだよ!



      0

        大げさ

        今日も夕方ドックランへ〜

        昼3時をまわると、隣の敷地にある大木の木陰が
        ドックランの半分ぐらいにまで伸びてきてかなり涼しくなる。

        この場所は、林からの風も冷たく、
        夏でも天然のクーラーのようなので、私のお気に入り。

        犬達を遊ばせながら、ちょっと雑用をこなし、家路に着いた。


        家に帰ると、とっぷがびっこを曳いている。

        ありゃりゃ? 今日足をねじるような事はしてなかったぞ〜
        と、足を診てやると、足の裏が腫れている。
        虫刺されか、怪我のような感じで、多分一昨日にやった傷だ。
        自分で舐めるから余計に腫れてきちゃったんだねェ〜

        ノルバサンで足を洗い
        薬をつけて、バンテージを巻いたら、
        この世の終わりのように、落ちこんでいるとっぷ(爆笑;;;


        僕の足は動かないんですか?

        と上目遣いで、情けなさそうに足を持ち上げる。

        骨折でもしたように、歩けないんだとさっ(爆

        大丈夫!!!! と、一笑し
        階段も登れるようになるまで、小一時間を要し
        とっぷの長い一日は終わった。




        0

          そういえば・・・

          きのうの とことこさんからの書き込みを見て思い出したんだけど(とことこさん所のルネ君は良く「これでいいの?」と聞いてくる子らしいです)

          そういえばとっぷっは私に「これでいいの?」って
          あんまり聞いてこなかったなぁ〜

          よ〜〜く 頭に?マークが浮かぶ子で、
          ?マークが3つぐらい頭の上に浮いていた事もあったけど、
          自分で考える子であって、「これでいいの?」って聞いてこなかった。

          「やりたい」
          「やりたくない」
          「なんだったっけ?」

          と言うのが有って、とっぷのお決まりは 最後は

          「やるよ」
          「出来ない」

          という感じ、、。 

          まあ、竹を割ったような性格の持ち主です。

          だからね、、解ったわ〜

          アジも

          「どっち?」

          とは聞いてくるけど

          「どうしたらいいの?」

          と言うのが無いから、決断早いのね。


          やっぱり、、良くも悪くも、とっぷくりん 成長中??




          0

            自分で決めた事

            とっぷとの練習〜

            まあ、このところ凄い飛躍と言うものは無かったものの、
            今月の半ばから、こんな事を言ってきたよ(汗;;

            ある練習をしようと言うときに、とっぷに任せたまま始めたら

            「ボクはこうするよ」

            と言ってきた。

            「ふぅ〜ん そうかぁ〜 本当にそうするの?」

            ともう一回、、、そして何度も、、、やってみる。

            チョッピリ間違えながら、、でも、やっぱり、、、

            「ボクはこうするよ」

            というとっぷくりん。


            へぇ〜 じゃぁ〜 やってもらおうじゃないの〜とばかり、
            違う日にやってみても、、やっぱり

            「ボクはこうするよ」

            といってくるとっぷくりん。
            でも、やっぱりチョッピリ間違える事もあるんだけど、、(苦笑;;

            元気いっぱい「ボクはこうするよ」というとっぷ。

            解った。解った。。。了解。了解。。。

            じゃぁ〜それでいこうぜっ!!

            自分で決めた事だからね。。

            本番でもキッチリやれよ。

            もうチョッピリ大人だもんね。
            君を信じるよ。

            まあ、出来なくても、又やり直そうp(^-^)q

            母は何回でも付き合うからさ。



            0

              オンリーワン?

              今日のお仕事で、デモ犬をおおせつかった とっぷくりん。

              いきなり、知らない人とは「やらないよ〜」(プイ)
              と言う態度のとっぷ君(;^_^A

              こういう風に育てたつもりは無いんですけど、、(汗;;
              去年までは言う事聞いていたじゃん(汗;;

              怖がっているとか、嫌いとかいう風ではなく、
              「知らないヨ・・・フン!」 といった感じだ。

              この横顔何処かで見たことがあったよなぁ〜
              あ゛っ〜ダッシュパパの横顔じゃんw(゚o゚)w
              やっぱり、遺伝するんですかねェ〜
              そっくりそのまま、、、σ(^_^) のような気がします。


              その人がご機嫌とればとるほど、知らん振りのとっぷ君。
              相手が変わって、気を使わない人だと、少しは聞いていたりする(汗;;

              相手を見てのその態度は、君〜〜っ! かわいくないよ。

              まあ、シェルテイらしいといえば、シェルテイ。。
              君は間違いなくシェルだから・・・。

              私の言う事はちゃんときくし、オンリーワンといえばオンリーワン!!

              しかし、頑固者といえば頑固者!!

              それも、成長したといえば 成長!!


              良くも悪くも、とっぷくりん 本日も成長中デス。



              0

                とっぷの体重パート12

                先日体重を測ったら、
                とっぷの体重は 9.35キロ有った。

                今年の夏 8.3キロぐらい。
                そしてもっとさかのぼると、去年は7キロ台だった。
                昨年から2キロも体重が乗った事になる。

                仕事場で体重を図ったので9.35キロの表示を見たときに
                私が「きゃ〜増えたぁ〜\(^o^)/」と言ったら、
                スタッフの子が「あらあら?太っちゃったんですか?」と訊ねてきた
                「違うのよ〜やっと9キロ台になったと思って・・・」
                「え?太らせていたんですか?」云々・・・。

                そうそう、本当に食が細い子で
                旅先などではグンと食が細くなったり食べなくなっていたので
                増えたと思ったら、直ぐ減ったりと、本当に大変だったのだ。
                私にとったら念願の9キロ台なのだ!!

                普通の飼い主さんだと、痩せさせる事を必死にさせる人が多い中、
                私は太らせようとしているもんだから、
                スタッフの女の子のコメントもうなずける。

                実はこのまま、筋力が付けば、あと500グラムぐらいは乗って欲しい所である。
                アジリティをさせているから、体重管理には煩いけど、
                決して痩せさせているわけではない。

                アジリティをしている仲間にも体型を見て欲しいと言われる事もあるけど、
                殆どの子が、体重がなく、ガリガリに癒せている。

                「あと○キロは乗せないと〜!」
                と、私がよく言う言葉、、。
                とっぷのように食べない子だったり
                うののように食べさせていても体重がのらないなら仕方がないことだけど、
                犬が欲しがっているのに与えなくて、
                体重が乗らないのだったらそれはどういうことだろう?
                と疑問に感じるのだ。

                「獣医さんでこの体重で良いと言われましたから」とキッパリ返答される場合もあるけど、
                それって、普通の歩きの散歩だけで筋肉がない状態でのことだって言う事じゃないのかな?
                とこれまた疑問に思ったりする。

                アジリティしたいなら、、いえいえ アジリティしなくても、、、
                適度に全身運動をかけていて、筋肉がある状態なら、
                ガリガリはずがないし、筋肉の方が重いから体重は重くなる。
                と思うのは間違っているのかな?

                フィットネスクラブのインストラクターや
                プロのスポーツ選手などを見たら、アバラが見えてガリガリの人はいない。

                とっぷを見たことがある人なら解ってもらえると思うが、
                まだこの状態でも痩せて見えるはず。
                うのにしてももえにしてもそうだ。
                でも決してガリガリではない。

                うのも若い(2歳ごろまで)時は16キロ〜17キロ台だったけど 
                徐々に増えていって今じゃ20キロあるよ。
                もえだって、12キロもある。

                全身に程よく柔らかい筋肉が付くから、怪我をしない。
                筋肉は関節をも守ってくれる。
                股関節が悪いからと言って痩せさせすぎて筋肉が付かない状態もどうなんだろう?
                そんなにガリガリで、体力無いんじゃないのかな?

                などなど、、疑問に思う事は多い。

                私がヘルニアで入院したとき、毎日2時間も病院のリハビリ室で
                筋肉トレされさせられたし。
                退院した後もプールに通い続けたよ。

                我が家の犬たちは、自由運動が大好きで、
                何処のドックランでも貸しきり状態で、放っておけば
                何十分でも自由に走り回っている。
                ボール遊びをしようといえば、そのスイッチにも入るけど、
                明らかに運動を楽しんでいると言った感じだ。

                この開放的な自由運動が、我が家の犬たちには大切なレシピとなっている。
                トレーニングよりも、アジよりも、練習よりも何よりも、私が時間をかけてあげている部分だ。

                体力が付いたら、精神力、気力、集中力、全てが伴ってくると思う。
                確かに去年のとっぷは体力無かったよ(;_;)
                今じゃ〜一番遊んでいますけど。

                そういう意味で、やっととっぷには基盤が出来た事になる。

                今年はもう少しで終わるけど、
                来年に向けて、もっと色んな事にチャレンジできるのではないかと、
                少し楽しみな年末。。

                肝心要のとっぷくりんは、、、

                お気に入りのパソコンデスクのイスの下で寝ていますケド、、、(;^_^A



                0

                  経験したことのないこと

                  我が家のワンコずに限らないかもしれないけど、
                  犬って正直だなと感じた出来事があった。

                  11月の舞洲での競技会のJPで、とっぷは 
                  真っ赤なナンバープレートに驚いて、ラインから外れてしまった。

                  そういえばいつも黄色だったよね?!

                  間違いかも?と思ったけど、あとで何度ビデオを見直してもしっかり目線は
                  プレートを向いている(爆;;

                  とっぷ「お母さんあれ何?」
                  私「何でもない、大丈夫だよ。頑張れ!!」
                  とっぷ「ん、、わかった!」

                  コンマ何秒かの時間内で交わしたとっぷくりんとの会話・・・。

                  とっぷはその後、スラロームの入り口に戻り続きはなんともなかったの様にゴールインした。

                  結果は 1ミス完走。6席でおリボンゲット。

                  *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*

                  ついでにAGの結果。1ミス完走で 3席
                  もちろんおリボンももらいました。

                  AGではボンミスのハンドリング。
                  とっぷは練習でもミスは少ない。
                  だから気を許しすぎているかもしれない。
                  あ〜反省(/o\)

                  そういえば、この日は リボン2つゲットした。
                  これって俗に言う ダブル入賞?!
                  私σ(^_^)は別として、とっぷくりんは頑張りましたo(^o^)o


                  あ〜やっぱり 刺激に感度のいいとっぷくりんは経験したことがないものにはいちいち反応するなぁ〜(汗;;
                  チビさんのときから、納得してやりだすまで時間掛かった子ですもんね。。

                  勿論色んなことを想定してトレーニングをし、彼に色んなことを教えているけど、
                  トレーニング途中のこともあるし、経験したこともないこともある。
                  それがはっきり解るだけでもありがたいと思わないといけないのかもしれないけど、、
                  競技会では想定外の出来事も多い。

                  結局実地で 色んな経験をしないと解らないと言う事なんだと思う。
                  ↑やっぱり遅咲きだわね!←確信

                  今シーズンデビューしたばかりのとっぷくりん。
                  これからもマダマダできない事で躓く事があると思う。。

                  色んな事に克服できるように頑張ろうぜィ! p(^-^)q





                  0

                    コマンドへの反応

                    ああ見えても、とっぷくりんはコマンドへの反応は結構早い。

                    アジの時ゆっくり走っている様に見えるけど、
                    少しでも早目にコマンドを言うと 特にタッチ物やトンネルには直行してしまう。
                    それもまた、、、自信たっぷりのお姿でσ(^_^)

                    練習の時には私も足が追いつかないぐらい速いときもあるので
                    先月だったかの練習の時に少し早めにトンネルのコマンドを言ってみると、
                    90度以上の超難度と思われるラインを選んでトンネルに 
                    しゅるしゅるり〜ん! と入ってしまった。

                    掃除機にゴミが吸い込まれるぐらいの勢いで入っていってしまうので
                    そうなったらもう止められない。


                    あぁ〜確か うの も若い時こうだったなと思った。

                    いや? 今でもコマンドへの反応はピカイチだ。。

                    ボーダーだからだと思っていたうのの反応。。


                    私が育てるとシェルテイでもやっぱりそうなるのか?!



                    あ〜良い様な悪いような。。。


                    でも、これってトレーニングの成果だったりする・・・(;_;)






                    0

                      このページの先頭へ

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM